home body hand foot porch protector holster
body hand foot porch protector holster holster

検索条件

Category/カテゴリ

Key Word/キーワード

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

EXPLANATION

ログイン

OTERS

歩兵戦闘基礎 特別訓練 

画像を拡大する

  • NEW
  • オススメ
  • 限定品
商品コード: F.training

歩兵戦闘基礎 特別訓練 

販売価格(税込) 14,000 円
ポイント: 0 Pt
個  数

カゴに入れる

商品特徴

歩兵戦闘基礎 特別訓練

・特別講師 結城健司氏

■ 開催日時
2018年3月17日(土) 10:00〜18:00
          (9:45までにお越し下さい)

■ 開催場所(集合場所)
田村装備開発本社
355-0008 埼玉県東松山市大谷4453
TEL 0493-36-1255

■ 訓練料金
14,000円(税込)
(当日現金にてお支払いください)

■ 定員
20名


■ 受講制限 : 有り(下記に該当される方のみ受講頂けます)

○ 田村装備開発 訓練年間会員
 (お申し込みの際、訓練会員である旨ご記入ください)

○ 田村装備開発 特別訓練カードを使用される方  
 (お申し込みの際、特別訓練カードを使用される旨ご記入ください)

○ 自衛官・警察官・海上保安官・麻薬取締官
 (お申し込みの際、組織名をご記入ください)


■ 取材 
不可 

■ 写真動画撮影・録音
不可(弊社で撮影した記念写真を希望者の方にお送り致します)

■ 持ち物
エアーソフトガン(長物・拳銃:弾倉2本以上)
BB弾・ガス・バッテリー等
アイセーフティー(目を保護するもの・ゴーグル推奨)
小銃用スリング
  ダンプポーチ(必須)
  その他装備品(違法物品は絶対に持ち込まないで下さい)
  丈夫な服装(汚れたり・破けても問題のない服)

■ 特別講師経歴
元陸上自衛官、元フランス外人部隊
2001年陸上自衛隊に入隊。第1空挺団普通科群および普通科大隊に所属。情報小隊付直轄斥候として潜入、情報収集、襲撃、CQB、対ゲリラ・コマンドウ訓練等に参加。
その後、フランス陸軍第2外人落下傘連隊に入隊。連隊主力から離れて少数で独立して偵察、情報収集、長距離狙撃等の任務を行う偵察支援中隊に所属。
アフリカ、南米、アフガニスタン等の海外派遣を経験。
アフガニスタン北東部において、タリバン掃討作戦に従事。
現在は、タクティカル・アドバイザーとして、現職自衛官らに戦術的な訓練、教訓等を指導、助言している。


■ 訓練概要
この訓練は、実際に任務に従事するための銃の取扱い、射撃、銃口管理などのガンハンドリング、さらに歩兵戦闘の基礎であるコンタクトドリル、ブレイクコンタクトを徹底して訓練します。

戦場で生き残ることを第一目的として、部隊で作戦行動をとるにあたり、最低限身に付けなくてはいけないガンハンドリングの基礎について訓練します。
実弾を装填した銃を持って行動する際、安全な取り回しが出来ない者は部隊で行動できません。また「管理的ガンハンドリング」しか知らないのでは、実戦で通用しません。そこで「戦術的ガンハンドリング」を習得するための訓練法を体験して頂きます。

また今回の訓練は、ガンハンドリング等の教官要員の育成を目的としており、技術習得だけでなく教育者として訓練カリキュラムの作成の参考にしたり、何故その技術を教えるのかを理解し、理由を説明できるインストラクターとしての見識を深めて、部隊での普及訓練に活かして頂きたいと考えています。

■ 訓練内容
銃器取扱い概論
ガンハンドリング訓練
歩兵戦闘基礎(コンタクトドリル、ブレイクコンタクト)
想定訓練

■ 食事
訓練の都合上、昼休憩の時間が取れませんので可能であれば、小休憩や想定準備間で食事がとれる携帯食等をご用意して下さい。
(ブリーフィングの最中等に各自済ませていただく予定です)

■ 注意事項
当日は、特別講師及び田村装備開発職員の指示に従ってください。
指示に従って頂けない場合や、危険な行為、訓練の進行を妨げる行為をした方は、途中退場して頂くことがございます。
その際、訓練料金の返金はしませんので予めご了承下さい。