ブログBlog

PSYCHO-PASS SS case3 恩讐の彼方に_ 他ご連絡

#イベント  #その他   Tamura  2019/2/22

 

昨日、PSYCHO-PASS SS case3 恩讐の彼方に__(狡噛編)の関係者試写会にお邪魔してきました。

 

仕事中にこんなに楽しんで良いのか、、、、というほど良い仕事で、田村&長田は勤務中に楽しんでおりました(笑

 

ということで、PSYCHO-PASS SS case3の感想と、新製品 & 再入荷製品等につきましてご連絡いたします。

 

1 PSYCHO-PASS SS case3

Production IG様には、劇場版PSYCHO-PASSのタクティクス部門をご依頼頂いたときからのお付き合いで、最も楽しい仕事の一つです。

 

 

今回のPSYCHO-PASS SSは三部作で構成されており、弊社がご依頼頂いたお仕事は、case3(狡噛編)のタクティクス部門(戦術・戦技)です。

 

そして、今回の試写会ですが、

弊社は大まかなストーリーをお聞きした上で、レファレンスを担当させて頂きました。

 

従いまして、観る前からネタバレ状態だったのですが、、、、、

 

 

それでも最高に面白い作品でした!!

 

 

これって凄いことだと思います( ´ ▽ ` )ノ

 

映像・音楽・声優さん、その他全てが高水準だからこそ、内容を知っていた私達も楽しめたのだと思います。

 

PSYCHO-PASS特有の哲学的な要素が含まれつつも、戦闘シーンもふんだんに盛り込まれており、迫力も抜群でした。

 

この様な作品に関わらせて頂き光栄に思いますmm

本当に素晴らしい作品ですので、是非ご覧ください。

 

PSYCHO-PASS SS case3 恩讐の彼方に__

公開日 3月8日

STORY

2116年に起きた東南アジア連合

SEAUnでの事件後、狡噛慎也は放浪の旅を続けていた。

南アジアに小国で、狡噛は武装ゲリラに襲われている難民を乗せたバスを救う。

その中には、テンジンと名乗る一人の少女がいた。

かたき討ちのために戦い方を学びたいと狡噛に懇願するテンジン。

出口のない世界の緑辺で、復讐を望む少女と復讐を終えた男が見届ける。この世界の様相とは・・・。

 

・PV

 

 

2 再入荷製品 & レグルス限定モデル(新カラー)

再入荷製品として、長らく在庫切れが続いておりました、高性能ウエポンキャッチ、

・INDUCTION CATCH typeM Gen.2

と、元特殊部隊員が考案した腕時計、

・THE REGULUS(新カラーあり)

を再入荷、販売を開始させて頂きました。

 

 

○ INDUCTION CATCH typeM Gen.2

本製品は、下西製作所と共同開発した製品であり、磁力を利用した高性能ウエポンキャッチです。

毎回、直ぐに品切れになってしまう製品ですので、お求めの方はお早めにご注文ください。

 

 

○ THE REGULUS

日本限定カラー

 

日本限定カラー含め、4種類カラーが追加されました。

弊社でも大変人気の高い製品です。

THE REGULUSは、アメリカ軍 特殊部隊に在籍する隊員からフィードバックを得て作られた、どんな過酷な環境にも対応するタフなミリタリーウォッチです。

 

 

3 新製品紹介

ローターコンバットの新作です。

形状の変化もありますが、最も印象的なのは、その切れ味です。

かなりギンギンに刃が入っており、箱だしで産毛が剃れるナイフです。

グリップは相変わらず良い出来で、シッカリと握り込むことができます。

来週より予約受付を開始予定です。

詳細は後日改めてご連絡致します。

 

以上、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

■ 田村装備開発 最新訓練動画 ■

・田村装備開発 株式会社 講師

代表取締役 社長 元埼玉県警察 警備部 RATS 田村 忠嗣

訓練教育部 部長 元陸上自衛隊 特殊作戦群 長田 賢治

顧問 元埼玉県警察 警視長 警備部長 齊藤 譲治

・招聘講師

元海上自衛隊 特別警備隊(SBU)先任小隊長 伊藤祐靖 氏

元フランス外国人部隊 野田 力 氏

元フランス外国人部隊 結城 健司 氏

 

田村装備開発 本社訓練のお申し込みは こちら から

 

■ 全国各地出張訓練 ■

訓練の詳細・お申込は こちら から

日本国籍を有した健康な方であれば、官民に関わらずどなたでもご参加頂けます。

 

 

田村装備開発(株)

商品HP https://tamurasoubi.co.jp

訓練HP http://www.tamurasoubi-training.com

T-MOUT HP http://t-mout.com

本社 埼玉県東松山市大谷4453

 

この記事を書いた人

田村装備開発(株)の田村です。

当ブログでは、装備品に限らず、危機管理対策や時事問題など様々な分野について書いていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です