ブログBlog

特別訓練紹介【射撃技能向上】

#訓練   Goto  2020/2/21

射撃という行為は、任務上銃器を携帯している方にとって、重要な任務遂行手段の一つです。また、自衛を深く学ぶうえでは必要な知識となってきます。

本来銃器というものは、照準した位置に銃弾を当てられるように作られています。(手製銃等の粗悪なもの等例外はあります)

訓練によって正しい銃器の使いかたと、正しい身体の使いかたを練成することで、弾が当たらない理由を少しずつ減少させられるはずです。

射撃技能向上訓練では、基礎的な内容から高度な技術まで、幅広く訓練できます。

携行品

・ アイプロテクション   (目を守るゴーグル)
・ ヘルメットまたは帽子  (形状問いません)
・ 丈夫な長袖・長ズボン  (戦闘服の必要はありません)
・ グローブ        (軍手でも構いません)
・ エアーソフトガン    (拳銃・小銃 各一丁づつ)
・ ガス ・ バッテリー    (エアーソフトガン用)
・ BB弾 1000発      (バイオBB弾)
・ その他装備品      (ホルスター ・ ボディアーマー等)

※ 訓練の際にお持ち頂く装備品につきまして、訓練内容によっては使用しない場合もあります。その際はご容赦下さい。

※ 法に抵触するおそれのある物品は持ち込まないで下さい。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です