ブログBlog

特別訓練紹介【身辺警護】

#訓練   Goto  2020/3/25

身辺警護(身辺警備)とは、施設や物品でなく「人」を警備対象とした警備です。「ボディガード」や、警視庁の「SP」といった言葉がよくイメージされます。

 

身辺警護(基礎・応用)訓練では、警護対象者の生命・身体・財産を護る業務について訓練し、実際の警護の手法のほか、総合的な危機管理の考え方・センスを鍛えることができます。

警護の業務に就いている方はもちろん、その他の方でも、日常生活や日々の仕事の中で実践できる要素が多いことが特徴です。

 

携行品

・普段着(ミリタリー色に強い服装や目立つ服装は控えてください。)

・筆記用具

・その他、フラッシュライト等必要と思われる物品

 

※ 警棒等、護身具と思われる装備品は持参しないでください。

※ 訓練の際にお持ち頂く装備品につきまして、訓練内容によっては使用しない場合もあります。その際はご容赦下さい。

※ 法に抵触するおそれのある物品は持ち込まないで下さい。

 

この記事を書いた人

田村装備開発(株)五島です。

製品情報や訓練に関すること、その他様々な記事を書こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です